自宅パソコンでソフトウェア開発・展開の演習環境を構築する方法

(1)Eclipse(日本語)のダウンロードページ(http://mergedoc.osdn.jp/)にアクセスします。下図の赤矢印のボタンを押します。ボタンを押すとダウンロードが始まります。ファイルサイズは600MBくらいです。

1

(2)ダウンロードしたファイル(pleiades-java-3.7.2.exe)をダブルクリックします。

2

(3)すると以下の画面になりますので「解凍」ボタンを押します。c:¥pleiadesにEclipseのファイルが展開されます。展開が終わったらpleiades-java-3.7.2.exeは不要ですので削除してください。

3

(4)C:¥pleiades¥eclipse¥eclipse.exeをダブルクリックするとEclipseが起動します。workspaceの選択画面が表示されます。演習室ではHドライブを選択しますが、みなさんのパソコンではこのままOKボタンを押してください。ちなみに、workspaceはC:¥pleiades¥workspaceとなりここにプロジェクトのファイル群が保存されます。

4

(5)続いてサーバーを追加します。ここはドライブは演習室とみなさんのパソコンで異なりますが、適宜、読み替えてください。ちなみに手順書はここにあります。

(6)htmlとjspのテンプレートの文字コードをWindows-31Jに変更します。インストールした直後はlatinになっていますので文字化けしてしまいます。メニューから「ウィンドウ」ー「設定」と選択して以下の画面を表示します。htmlとjspを選択して下図のように変更してください。

1 2

(7)あとはいつものように動的Webプロジェクトを作成してサーブレットなりJSPを追加すれば課題を自宅でできると思います。