Romoを用いたプログラミング演習

2年後期に情報学序論という少人数授業があります。

今年はRomoというiPhone(もしくはiPod touch)を乗せて移動するロボットを使ったiOSによるロボット制御プログラミングを演習しました。

SwiftではなくObjective-Cを使ってインターネット上に公開されたサンプルを見ながら、iPhoneへの実機転送なども自分たちで調べて試行錯誤しながら進めてもらいました。

最終的には複数のRomoで行進のようなことをさせたかったのですが、残念ながら半期15回の授業で、なおかつ、自分らで調べながら進める中ではなかなか思うように進めることができなかったようです。

最終成果発表の様子は以下です。